新、106万円の壁 10月から社会保険の適用が拡大します。

10月から社会保険料を自身で払う基準が従来の年収130万円から年収106万円(月額賃金8万8,000円)

になる人が新たに出てきますが、それは下記の5つの要件に当てはまる場合のみです。

1. 厚生年金保険に入っている従業員が501人以上いる会社に勤務

2. 1週間の労働時間が20時間以上

3. 給料が月8万8,000円以上(年間106万円以上)

4.    1年以上働くと見込まれる人

5. 学生ではない

社会保険に加入すると、受けられる保障は手厚くなります。

傷病手当金や出産手当金などが一例です。

今回の制度改正の対象者は25万人程度と言われています。