無期転換ルールの導入について

平成25年4月1日の改正労働契約法の施行により無期転換ルールが導入されました。

同一の労働者との間で締結された2以上の有期労働契約の契約期間を通算した期間が5年を超える

労働者が使用者に対して、締結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に

無期労働契約の締結の申し込みをしたときは、使用者がこの申し込みを承諾したものとみなされて

現に締結している有期労働契約の契約期間が満了する日の翌日から労務提供される無期労働契約が成立すると言うものです。

 

契約期間の起算日が平成25年4月1日となるため、起算日から1年の有期労働契約を

反復継続して更新した場合、有期契約労働者が最初に無期労働契約への転換を申し込むことが

できる権利が発生するのは、平成30年4月1日となります。

どの時点で無期転換申込権が発生するかは会社単位となりますが、発生するまでに

現状分析を行い、規程等を整備しておく必要があります。